失踪宣告制度の利用

| 未分類 |

失踪宣告制度とは、生死が一定期間不明となっている者を法律上死亡したとみなし、相続の開始や婚姻の解消など、財産関係や身分関係に死亡の効果を生じさせる制度です。

 
失踪には普通失踪と特別失踪の2つがあり、それぞれで要件や効果時期が異なります。前者の場合、ある人の生死が不明になった地点から7年間の失踪期間がある場合に、利害関係人が失踪宣告を請求することが要件となります。一方後者では、戦争に出向いた者や、沈没船の乗組員などの生死が、こういった危難が去ったあと1年間わからない場合に、利害関係人が請求することが要件となり、両者ともこれらの要件を満たしている場合に、失踪宣告がなされます。

 

卵
失踪宣告がなされた場合、その人は死亡したとみなされます。そのため、自然人の死亡と同様に相続が開始され、配偶者は再婚が可能になります。
ただし、もしも失踪宣告がなされ、死亡したとみなされていた失踪者が生存していたり、失踪宣告とは異なる時に死亡していたことが発覚した場合、利害関係人もしくは本人の請求により、裁判所は失踪宣告を取り消す必要があります。これにより、原則として従来の法律関係は復活しますので、相続などは白紙に戻ってしまいます。