裁判離婚と失踪宣告とどちらを選ぶか

| 未分類 |

夫婦のどちらかが失踪した場合、自分の意思で失踪した場合も含み、全く連絡が取れない、生きているのか死亡しているのかすら確認が取れない場合、3年を境に失踪宣告の制度を利用することができます。

 
失踪宣告の場合、相手が生きていることが確認することがどうしてもできないといったことに対する、調査や証拠が必要となります。裁判離婚と失踪宣告とどちらを選べばいいのかはケースバイケースです。失踪宣告の場合、一番大きな特徴として、慰謝料や養育費などの受給はもちろんありませんが、遺産を相続するということが可能になります。ですので結論としては遺産を相続するという必要性があるなら失踪宣告を利用したほうがいいです。

 
失踪宣告で遺産を相続して、その後に失踪者の生存が確認されるというケースがあります。法律上は失踪者の生存が確認されれば失踪前の状態に戻るので普通に結婚している状態になります。しかしその場合でも、遺産の一部または全てがすでに使用されていた、または別の相手と再婚をしていたということになっている可能性もあります。そういった場合でも遺産の返還や再婚者との離婚を求められるといったことはほとんどありません。いずれにしても失踪宣告は提出する書類が多数必要になるので、まずはプロの法律家へ相談をすべきです。料理01