生死不明でも3年待たずに離婚できる場合

| 未分類 |

料理03

 

離婚を成立させるためには、お互いの同意が必要ですが、配偶者の行方がわからないという場合もあり、こうした場合は対処に困ってしまうものです。
家出などで帰宅せず、その生死すらわからないという場合はいつまでも離婚ができず、悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
でも、こうした場合も離婚できる方法がありますので、まずは情報はよく調べておきましょう。
配偶者が不在でも離婚できる例としては、配偶者が3年以上生死不明という場合は離婚することができます。

 

 

この場合は生きているのかどうかまったくわからない状態を指しており、音信不通であっても生存が確認されている場合は行方不明という扱いとなります。

 

 

最後の消息があったことから3年以上が経っている場合は離婚原因とすることができますので、地方裁判所に提訴し、離婚判決を受けることができます。
この場合も警察への捜索願いなど、探したものの生死がわからないという証拠資料が必要となります。

 

 

そして、その後に配偶者が現れる場合も考えられますが、判決が出たあとなら、それが取り消されたり、無効になることはありません。

 

 

さらに生存が確認されていても、生活費を送ってこないなどとなると悪意の遺棄ということとなり、3年を待たずして離婚請求することができます。