もしも配偶者が失踪してしまった場合、行方が分からないからと言って直ちに離婚をすることはできません。たとえ三年間、行方不明の状態が続いたとしても、単に行方が不明なだけでは配偶者は生きているものと見なされるのが普通です。したがって、それだけで離婚が認められることはありません。
その点、配偶者の生死が不明の場合であれば、生きているのか死んでしまったのかが分からなくなったその日から三年以上が経過すれば、その時には正式に離婚をすることが可能となります。この場合の離婚とは裁判離婚になりますので、まずは地方裁判所に提訴して、離婚判決を得ることが必要になります。

野菜と女性
また、離婚に際しては、生死不明となってしまった原因や理由、或いは配偶者の過失責任などが問われることはありません。とにかく、生死が不明の状態が三年以上続けば、理由の如何に問わずに離婚は認められます。
ただし、このようにして三年以上が経過して正式に離婚の判決が確定したら、その確定は二度と覆りません。たとえ離婚後になって配偶者が生きて帰ってきたとしても、離婚の判決が取り消されることはないのです。その離婚判決は無効にはならず、どこまでも有効であるので、この点には注意が必要です。
配偶者の不貞行為が原因で離婚したい際は、第三者に対する慰謝料請求に詳しく記載されていますのでそちらを参照してください。